USJホテルチェックイン事件編パート2・・・GoToトラベルでUSJ満喫の旅


USJホテルチェックイン事件編パート2・・・GoToトラベルでUSJ満喫の旅

前回の記事↓

ホテルのチェックイン作業が終わり、
大笑いしながら李さんが戻ってきた。

「なんて、言われたと思う!?」

「何、言われたの?」

「お父さんって聞かれた!!」

そうなのだ。私たちは親子と思われてのだ。

李さんは、会社の同僚と答えたらしいが、
ホテルのフロントマンは、あまり
信じていなかったようである。


まだまだ、若く見られていると思っていたが
やはり歳にはかなわない。

私もそれなりの年齢に見られるのだ。

李さんとは、20歳ぐらい年が離れているので
親子に見られてもしょうがない。

しかし、割と若く見られることが多い
私は、多少のショックを感じた。


私は、独身であることも関係あるのか
10歳くらい若く見られることがある。

所帯じみていないから若く見られるのだ。

でも、ここのホテルのスタッフには、
私は実年齢に見えたようだ。

しかも、お父さんと言われるということは
私は韓国人と思われたということだ。

まあ、別にいいが・・・


そんな感じでチェックインを終えた
李さんと私は、
ロビーで夕食をどうするか話合う。

USJに出発する前は、私は
フグでも食べたいと思っていたが、
さすがにUSJで歩き疲れた。

体力が欲しい。

やはり、焼き肉だ。


ということで、スマホで近くの
焼き肉店を探す。

徒歩10分ほどに距離にあった。

予約の電話を入れてみると
8時頃予約できた。

それまで、各自部屋で一休みすることにした。

20201105SS00001.jpg

部屋は、高層階だ。
私は37階、李さんは39階

この夜私は、あることを後悔する
ことになるのだった。

次回に続く
















この記事へのコメント