身分証提示で逆ギレのトンデモ Guests!!パート1・・・【ポンコツホテル】フロントマン山本次郎の奮闘記

身分証提示で逆ギレのトンデモ Guests!!パート1・・・【ポンコツホテル】フロントマン山本次郎の奮闘記




(この物語は、ある老舗ホテルに勤務する
 フロントマンから見聞したエピソードを基に
 脚色されたフィクションであり、
 実在の人物及び団体とは
 一切関係ありません。)

ホテルフロントマンとして、
10年以上の経験も持つ
山本次郎は、今日も
ホテルフロントマンとして
勤務する。

世は、GoToトラベルで観光業は賑わい
山本次郎のホテルも平日に関わらず、
ほぼ満室の状態だ。


山本次郎のホテルでは、
地域共通クーポンの発行が始まると
今まで以上にチェックイン作業が
大変となった。

特に、旅行エージェントの
場合が大変だ。

直接予約の場合は紙クーポンを
事前準備することが出来るが
旅行エージェントの場合、
紙クーポンか電子クーポンか
チェックイン時に確認しないと
ならないのだ。


ここで、地域共通クーポンを
説明しておこう。

地域共通クーポンとは、
GoToトラベル事業において、
宿泊したホテル・旅館の
隣接する都道府県で使える
期間限定の商品券のようなもの

宿泊料金の15%分がクーポンとして貰え、
期限がチェックアウト日まで

という究極の期間限定商品券


この地域共通クーポン
かなりの曲者

まず、このクーポンには
紙クーポンと電子クーポンの
2種類がある。

紙クーポンは、ハンコを押したり、
スマホでバーコードを読み取ったりと
作業が多いのが玉にキズだが、
一度発行しておくと
チェックイン時、渡すだけなので
楽ではある。

(このバーコードの読み取り作業も
 スマホのアプリでしか出来ない。
 山本次郎のホテルでは、1台のスマホ
 しか準備されていない。
 もっと、数を増やしても良いと思うのだが
 そのあたりがポンコツホテルの所以である)

それに対し、電子クーポンは、
旅行エージェントなどからスマホに
送られてくる電子マネーのようなもの


電子クーポンをそのまま、
使ってくれるならば
楽なのだが、そうはいかない。

だいたい、旅行エージェントを
通して予約するGuestsは、
年齢が高いGuestsが多く、
電子クーポンなんか
ちんぷんかんぷんのGuestsが多い。

ネット予約などで予約したGuestsは
理解が早いのだが、特に
電話で旅行エージェントに
予約したGuestsは、まったく電子クーポンの
仕組みが分からない。

だから、山本次郎のホテルでは、
電子クーポンがわからないGuestsの代わりに
紙クーポンを発行をしている。

それは、チェックイン時に確認して
初めて、このGuests
電子クーポンを理解しているか
発覚するので、紙クーポンは
チェックイン時に発行するしかない。

チェックイン時に、
ハンコを押し、
バーコードを読み取り、
クーポンを発行

その作業が大変だ。


そんな中、チェックインピーク時の
午後4時頃、あるエージェントの
 Guestsが現れた。

そのGuestsが後に、恐ろしい事件を
引き起こすとは知らずに、
山本次郎はチェックイン作業を
始めた。

「いらっしゃいませ。
 お名前・電話番号・住所を
 お願いします・・・」

次回に続く






この記事へのコメント