USJ『ウォターワールド』中途半端に撮影して後悔する事件編・・・GoToトラベルでUSJ満喫の旅


USJ『ウォターワールド』中途半端に撮影して後悔する事件編・・・GoToトラベルでUSJ満喫の旅

前回の記事↓

私たちは、ウォーターワールドに辿り着き
観客席に座り込んだ。

満員とまでは行かないが、
かなりの人数の人がいる。

構造としては、水族館のイルカショーを
するような施設で、その中に
ウォーターワールドの世界が
繰り広げられている。

20200918SS00001.jpg


大迫力の音楽と共にお馴染みも
前説が始まる。

この時、ふと、私は、これは
写真だけでなく、動画で撮っておこうと
思いついた。



そこで、私は、スマホを取り出し、
撮影を開始した。

今まで、USJで観劇型のアトラクションでは
写真を撮るだけで、動画は撮ってなかったのだ。

しかし、私は、このことを後に
大きく後悔することになる。

過去の記事↓



まず、撮影しながら見ていると
内容に集中できない。

前説とかなら、それほど動きがないので
まだ、ましな映像を撮ることが出来た。

だが、本編にさしかかり、
大舞台狭しの中で繰り広げられる
スペクタクルアクションでは
カメラが追いつかない。

スマホを上下左右に動かしながら、
アクションを追っていくと

内容が入ってこない。


しかも、不覚にも、私は
手が疲れてしまって、
本編が始まって、6分ほどで
撮影を止めてしまった。

後で、動画を見返すと
更にひどいものだった。

なんと、動画は90度回転した
状態で録画されていた。

Oh no!!!!!!



後にYouTubeなどで調べてみると
高画質のウォーターワールドの動画が
たくさんアップされていた。

中途半端に6分程度撮影し、
しかも半回転した動画を撮って
手が筋肉痛になるぐらいだったら、
最初から、動画など撮影しなければ良かった。

動画は後でいくらでも見れる。
もっと、ショーに集中しておけば良かった。

と、後悔する毎日となったのである。

次回に続く












この記事へのコメント