映画『ダイ・ハード』のブルース・ウィリスが若すぎる!!髪の毛がフサフサでびっくりした!!

AdobeStock_73813881.jpeg

映画『ダイ・ハード』のブルース・ウィリス
思った以上に若かった。
髪の毛がフサフサでびっくりした。

考えれば、30年以上前の映画だ。
当たり前と言えば当たり前か!!



映画『ダイ・ハード』




クリスマス。武装テロリストに占拠された
日本企業のハイテク高層ビルを舞台に、
たった一人の刑事の戦いを描いた超娯楽作

世界一、運の悪い奴、
死んでも死なぬタフな奴、ジョン・マクレーン
ブルース・ウィリスをスターダムにのし上げた
〈ダイ・ハード〉シリーズの1作目




80年代のアクションスターと言えば
など人間離れしすぎた
明らかに強い人間だった。

だが、この「ダイ・ハード」では
等身大の中年親父。

妻と久しぶりに会っても、
思わず喧嘩してしまい後悔する
人間くさい男。

その等身大の男がたまたまテロに
巻き込まれてしまい、ヒーローに
変化していく。

これがこの映画の最大の面白さだ。

今見てもよく出来た脚本で
アクションも見応えがある。

バディ映画としても、よく出来ている。
無線だけでやりとりをしていた黒人警官と
最後に直面するシーンは
これぞ映画だ。
と言った感じだ。

特に黒人警官が銃を撃てなかったトラウマを
克服する場面は最高である。

それにしてもブルース・ウィリス
当時30歳ぐらいだったのだ。

私が見た時は中学1年の時だったので
すごい中年親父のように感じていたが
今になってみるとずいぶん若い。

これからどんどんハゲていくのだが、
ハゲていったのを見慣れているので
この映画でのブルース・ウィリスを見ると
髪の毛がフサフサでずいぶん若く見える。

時とは残酷だな~!!

この記事へのコメント