映画『ジョジョ・ラビット』を鑑賞して、少年の純粋で柔軟な心が羨ましくなった!!

AdobeStock_73813881.jpeg

映画『ジョジョ・ラビット』を鑑賞して
子供の純粋で柔軟な心が羨ましいと思った。

ナチスに憧れている少年は、
ユダヤ人に恐れを抱いていたが
ユダヤ人との交流によって、
その考え方が変わっていく。

この変化は子供の純粋な心だからこそ
成し遂げられたのだと思う。

過去の記事↓

映画『ジョジョ・ラビット』



第2次世界大戦下のドイツを
舞台に描くヒューマンドラマ。
ヒトラーを空想上の友人に持つ
少年の日常をコミカルに映し出す





ジョジョは、空想上の友達のヒトラーと共に
ヒトラーユーゲント(ヒトラー青少年団)
に入隊し興奮していた。
ナチスにぞっこんの生活をしていたのだ。
「ハイルヒットラー!」

(空想上の友達のヒトラーが
チャップリン『独裁者』を想起させる)


チャールズ・チャップリン ~ 独裁者 
The great dictator



映画『独裁者』をAmazonでチェック!!


だが、ナチスの戦士になるために
訓練しているときにウサギを殺せず
”ジョジョ・ラビット”というあだ名を
付けられてしまう。

ジョジョはナチスに子供心で憧れていたが、
残酷になることができない
心優しい少年だったのだ。

そんな中、母親が自宅に匿っている
ユダヤ人の若い女性エルサを発見する。

ユダヤ人だから、もちろんナチスの敵であり
通報すべき人物である。
ヒトラーユーゲントではユダヤ人は
頭に角の生えた悪魔だと教えられていた。




しかし、ジョジョは、通報はせず
エルサと話をしてユダヤ人のことを
もっとよく知ろうとする。

ジョジョはほのかにエルサに対して
恋心のようなものも感じていたのだ。

やがて、ジョジョはユダヤ人もナチスも
同じ人間で頭に角の生えた悪魔ではない
ことに気づいていく。

最後に空想上の友達のヒトラーを蹴とばし、
窓から突き落とすシーンは印象的である。
信奉していたナチスからの
完全なる決別である。

戦争が終わり、ジョジョとエルサは
自由になる。自由になり、
二人が踊り始めるラストシーンが
感動的なものだった。

少年の純粋で柔軟な心だからこそ
大人ではすぐには受け入れがたい事実も
受け入れることができたのだろう。

大人だったら、ずっと信じていたことが
間違いであることに気づいても
なかなか抜け出すことができない。

少年の純粋で柔軟な心が羨ましくなった!!

この記事へのコメント